食べ過ぎた時はゼニカルで肥満予防しましょう

多くの女性が痩せたいという願望をもっているものですが、実際に目標に向かって毎日努力していると自信を持って言える方は少ないのではないでしょうか。
痩せたいといつも言っているのに、平気でお菓子を食べている女の子はたくさんいます。
もはや痩せたいと思っているだけで満足しているところもありますが、当然の事ながらそれでは美しいスタイルを保てません。

薄着の季節になってから二の腕がぷにょぷにょしているのに気が付いたり、水着になっておなかのお肉に驚いたり、後悔することがあるかと思います。
そんな事のないように、普段からゼニカルを常備しておくと食べ過ぎてしまっても無かった事にしてしまいましょう。
ゼニカルは世界で初めての中枢神経に作用しない肥満治療薬でして、これまでの薬と比べて格段にリスクが低くなりました。

副作用と呼べるものは軟便やおならが出やすい事、胃もたれ程度で、食べ過ぎてしまった時だけ服用するなら大して気にならない軽微なものです。
肥満治療のための服用方法は、成人で1日3回、食事中や食後に水などで飲み、半年から1年服用する必要があります。
しかし、この用量は西洋人を基準に考えられたものですし、肥満治療のためではなく美容目的の肥満予防のために服用するには多すぎる可能性があります。
ゼニカルは脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑え、脂肪が体内に吸収されるのを阻害する働きがあるため、脂溶性ビタミンも吸収しづらくなるという特徴があります。

そのため、服用を続けている方はマルチビタミンなどのサプリメントで脂溶性ビタミンを補う必要があり、少なからずビタミン欠乏症のリスクもあるのです。
服用を継続しないと効果が薄れるタイプの医薬品でもなく、自分の食生活に合わせて脂肪分が多いと思われる時のみ服用するのも一つの手だといえるでしょう。

ゼニカルは美容目的では病院で処方する事ができませんが、健康保険が適用されないため処方すると1箱2~3万円ほどかかってしまいます。
その点、個人輸入代行サイトで購入すれば、まとめ買いで1/10程度まで価格を抑えられますから、非常にお得で利用しやすいですよね。
また、個人輸入は24時間いつでも好きな時に購入依頼ができます。

病院まで行かなくても荷物が届くのを待つだけでいいですし、荷物に商品名を書かないようにもできるため、誰にも知らずにダイエットを行いたい方でも安心です。
ビタミン剤とセットで購入すれば、さらに健康的にお得にダイエットができますよ。

ただし、ゼニカルも医薬品ですので気をつけなければならない事があります。
まず、シクロスポリンやワルファリンなどは併用禁忌薬とされていますし、慢性吸収不良症候群や胆汁分泌停止、熱帯性スプルー症、特発性脂肪便症の方は服用できません。
妊娠している可能性のある方や授乳中の方も赤ちゃんに影響がでる可能性があるので服用しないようにして下さい。
その他、病気がある方や薬を飲んでいる方は、使用前に医師に相談する事が大切です。
これらに注意して、無理せず安全に肥満予防しましょう。

Comments are closed.